ピラティス資格の種類、選び方

ピラティスを勉強したい。

しかし検索すると資格を取得出来るところが沢山あってどこの資格、何を基準にして選んだらいいかが分からない。

という方に読んで頂けたらと思います。

ピラティス資格、養成コース、ピラティスインストラクター

まず、ピラティスはマットとマシンを包括して「ピラティス」と言います。

どちらも学んでいる事でピラティスインストラクターと呼べるでしょう。

ピラティスマシンに関してもどれかではなく、すべてのマシンを学び、それぞれのマシンの繋がりやマットピラティスとの繋がりも理解することが大事だと考えます。


ただ一度に学ぶ必要はありませんので安心してください。

人それぞれ学ぶスピードが違います。

全て一気に学びたい、という人もいれば一つ一つ集中して受講したいという方が合ってる人もいます。

時間の面や価格も関係します。
安い買い物ではありませんので、出来る限り選択肢が多い方がいいですよね。


他に考慮したいのは、

  • 定員人数(多過ぎてデモンストレーションが見えない、練習時間がない)
  • 期間
  • その団体の特徴
  • 他団体の資格取得者も受け入れるか
  • 継続システム(更新料、ポイント制など)
  • 継続教育、フォローアップ研修
  • 講師の経歴・経験


ピラティスの学びは、インストラクター養成コース取得で終わりではありません。
そこからがスタートです。


一つの資格を学び、経験を積めば自然に視野を広げたくなるでしょう。
私自身もそうでした。

なので海外のカンファレンスに参加し、様々なスタイルのピラティスを受けた事で
自分がどういうピラティスを伝えていきたいかが見えてきました。


PABAピラティスではピラティスの歴史を知れるクラシカル、進化系のコンテンポラリー両方学ぶ事が可能です。

マシンも別々に受講が可能、他団体の方も大歓迎です。
私達は日本に質の高いインストラクターが増えることを目指し、良質なインプットを提供します。