第4回ピラティスマシン養成コースのご案内

個人的な意見として、マット養成コースのみ資格を取得して「ピラティスインストラクターです」と私だったら少し言いづらいです。「ピラティス指導者になるために勉強中です」ときっと言います。 ピラティスはマットとマシンと包括して「ピラティス」なのです。 歴史を辿ればマットピラティスのオーダーも考案したのもアメリカのダンス界で由緒あるダンスフェスティバル『Jacob's Pillow Dance』で指導するためだったと言われてます。 J・ピラティスは1939年〜1951年まで毎年ピラティスの指導をしていました。

Joseph Pilates teaching a class in the Tea Garden at Jacob's Pillow Dance 1943 S2
Joseph Pilates teaching a class in the Tea Garden at Jacob's Pillow Dance 1943 S2

マシンを行えばマットワークの理解が深まり、苦手だった動きがいつの間にかやりにくさが減っているという事は多々あります。 身体の変化が早いのもマシンのスプリングが負荷やサポートになってくれるからです。 せっかくならクライアントさんに変化を感じて頂きたいですよね!

PABAマシンコースではリフォーマー、キャデラック、チェアー、スパインコレクターのマシンを使用したエクササイズをご紹介します。また本コースは少人数制で行われるため、エクササイズの本質、正しい動き、より高い指導力を身につける事が出来ます。

エクササイズ自体ももちろん習得して欲しいのですが、それより重要なのはその目的や考え方です。 ピラティスのエクササイズはマットでもマシンでもすべて繋がりがあります。 リフォーマーのフットワークでもハンドレッドでも動きを始動する場所は同じところです。 その繋がりをより感じてもらえるようエクササイズの順番を考慮してあります。
 

コース日程
土曜日 9:30-14:30
10/15, 22
11/5, 12, 26
12/10, 17(中間試験), 24
1/7, 14, 28
2/4, 11, 18(最終試験)

担当インストラクター:Nagi Takahashi

受講条件一覧

受講料:499,000円 -税込 (教材費, 試験料, ライセンス発行料)
持ち物:運動ができる服装、筆記用具、フェイスタオルなど
参加規定:マットピラティスコースを修了していること(他団体可)
 修了条件:全コース日程に出席、プライベートレッスン80時間 (レッスンの見学50時間) 指導練習170時間

お申し込みはコチラから
http://www.jcfa-stores.com/items/940642