CORE BAND™指導者養成コース

発明者キャシー・コリー来日!

第1回CORE BAND™ 指導者養成コースレポート

DSC_0628
DSC_0628

世界的指導者キャシーコリーさんの日本初のCORE BANDトレーニングコースが開催されました。

CORE BANDは布製で物凄くシンプルな作りですが、正しい動きを動員できるように計算されているツールなんです。 受講内容はPilates Method Alliance・IDEA・スペインの大学にて講義を行っているキャシーコリーの身体教育は正確性が高く、誰でもROM(関節可動域)が上がり・安定筋を上手に誘導するテクニック・パフォーマンスの向上・呼吸器など身体の内側から動きの質の変わるものでした。

キャシーがCORE BANDを作ったきっかけは、マットのエクササイズを正しく行う軸となる筋肉を動員させることが目的です。 最終ゴールはCORE BANDのサポートなしでも、コアをコントロールしながら動く能力を身につける事が目標になります。

DSC_0077
DSC_0077

彼女はジョセフ・ピラティスの弟子達に「可能な限り身体を左右対称に動かしなさい」と指導されていたそうです。 CORE BANDを使用する事で、より強く使ってしまう方、左右どちらか縮んでいる背中・腰回り、均等のつもりが片方の肩が上がっているかなどすぐに分かります。 伸縮性の高いセラバンドやチューブとの一番の違いはこの点ですね。

DSC_0194
DSC_0194
DSC_0206
DSC_0206

筋肉の不均衡はほとんどの場合、日常生活から生まれます。 それを一旦ニュートラル(またはそれに近い状態に)に戻さず動いても効果が半減してします。 せっかく身体を整えるために行うエクササイズが、クセを更に強くしているので本来の目的から離れるのは残念です。

キャシーの指導は動いている人にアライメントを気付かせ、呼吸と身体の内側から動かす事で、強制的でなく、自分で修正出来るように誘導します。

CB12
CB12

身体をニュートラルに整えたあと、34個のクラシカルマットエクササイズをコアバンドを使用し、よりエクササイズのコンセプトや目的をより明確にしました。

これが理解出来ているとそうでないとではま〜ったく感じ方が別物です!

ツールは何でもそうですが、商品とDVDがあれば動きだけはできます。ただピラティスは動き単体は重要ではなく「機能的に身体を使うシステム」の事を言いますので、きちんと養成コースがあるのもとても納得がいきました。

DSC_0188
DSC_0188
DSC_0140
DSC_0140
CB15
CB15

アドバンスエクササイズのTeaserティーザー

DSC_0481
DSC_0481

TwistツイストもCORE BANDで出来ます!

CB10
CB10

34個のエクササイズは矢状面での動きが多いため、足りないところはキャシーオリジナルの動きも入っていました。

CORE BANDを使ったあとは肩回り、股関節、体幹、足先から頭のてっぺんまですべての関節が自由に動く感覚が出てきます。

CB11
CB11

最後には筆記試験と実技試験を行い、

CB9
CB9

皆さんバッチリ合格してこの笑顔でした(^ー^)

CBgroup2
CBgroup2

コアバンドに興味のある方は次回の養成コース開催時のご連絡をいたします。>>CORE BANDインストラクター養成コースお申し込み:予約フォーム